渡り蝶と渡り人・・・おりおりの短歌
四季折々の短歌を示します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌「風の世界」8首中1番目
麦の穂に緑の波を引き起こし

    風の大軍進み行くなり



 麦畑の穂は実ると一面の黄金色になるが、
 実る前には稲と同様に美しい緑の海をなしている。
 そこに大気の一団が訪れると、
 美しい波を引き起こして進んでいくのが見える。
 高速で進む新幹線からそのような麦の穂の海の動きを見ると、
 さわやかな風が心の中にも渡っていく。
    「地表」(2009年7月号収載)
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamahibiki21.blog70.fc2.com/tb.php/10-8bdb8be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。