渡り蝶と渡り人・・・おりおりの短歌
四季折々の短歌を示します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌「風の世界」8首中3番目
楠の大樹の峰は

   水無月の風に打たれて光りとよめく



 楠は照葉樹のひとつであり、ときに大変な巨木となる。
 つやのある葉を持ち、常緑樹であるが、
 初夏に一気に落葉した後、
 豊かな新緑をたくわえて夏の日に輝く大木は美しい。
 そんな大木が何本も集まって森をつくっている様子は、
 あたかも大きな緑の峰があるかのようだ。
 そこに風が吹くと、峰全体が響めき(とよめき)わたり、
夏のエネルギーが心の奥に充満してくるのを覚える。
    「地表」(2009年7月号収載)

----------------------------------------------------------------------
■以下には本ブログの短歌をテーマ毎にまとめてあります:SRS研究所の短歌の頁
■SRS研究所のHPは以下:SRS速読法・能力開発法
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamahibiki21.blog70.fc2.com/tb.php/12-c3219cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。