FC2ブログ
渡り蝶と渡り人・・・おりおりの短歌
四季折々の短歌を示します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌「風の世界」8首中5番目
緑蔭に一人たたずみ

      さやさやと耳朶打つ風のささやきを聴く
 

 ある夏の日のこと。
 木陰に座ってしばらくたたずんでいると、
 樹間を涼やかな風が抜けていった。
 その風が耳朶(じだ。みみたぶのこと)にやさしく当たる音が、
 その森の目に見えない物語を教えてくれるように感じられた。 
    「地表」(2009年7月号収載)
----------------------------------------------------------------------
■以下には本ブログの短歌をテーマ毎にまとめてあります:SRS研究所の短歌の頁
■SRS研究所のHPは以下:SRS速読法・能力開発法
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamahibiki21.blog70.fc2.com/tb.php/14-703d9118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。