渡り蝶と渡り人・・・おりおりの短歌
四季折々の短歌を示します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌「雲と心」8首中3番目
 晴れやかな空の舞台に

    のびのびと育つ雲あり 心安らぐ



 雲はゆるやかな境界を描いて高い空にある。
 そんな雲の様子を見ると、
 心が明るく広がるとともに、安らいでくる。
   「地表」(2010年1月号収載)
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamahibiki21.blog70.fc2.com/tb.php/4-d8180921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。