渡り蝶と渡り人・・・おりおりの短歌
四季折々の短歌を示します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌「雲と心」8首中7番目
果てしなき天蓋のもと

   粛々と進む雲あり 吾も進まむ


 水は留まるところがない。
 それと同じように、
 雲もまた留まることがない。
 自由と法則の狭間を縫いながら。
 たえず変化しつつ移動していく。
 そのような雲の姿が好きだ。
    「地表」(2010年1月号収載)
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamahibiki21.blog70.fc2.com/tb.php/8-897964ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。